105人目の「手相の田中宏和さん」にお会いしました。


土曜日の夕暮れの渋谷は喫茶ルノアール。
案内されたテーブルはラーメン屋のカウンターくらいの両隣との間隔で、
右の社会人になったばかりとおぼしき男は、
組んだ足のスニーカーのオレンジの底をこちらに向けながら貧乏ゆすりをし、
医薬品の効果効能をカラフルにまとめた参考書に熱心に書き込みをしている。
方や左のスーツの営業マンは、
私服で出てきた会計事務所勤務の青年を相手に
生命保険の契約書を書かせている。
向こうを見やれば大学生のサークルらしき男女十数名が
テーブルを4つくらいくっつけて和気あいあい。
もちろん一人イヤホンを両耳に刺して
MacBookAirに前傾姿勢で打ち込んでいる男子選手もいる。
やたら熱心に語りかけるスーツ姿の男に
もう一人の男という組み合わせがいくつか散見されるのは、
ほとんどが金融商品の営業と判定して良さそうだ。
つまり、怪しいのである、ここは。
この眉に唾を塗りたくりなるロケーションにおいて、
わたくし田中宏和は一人、
本を読みながら落ち着かぬまま座していたのであります。

そこへ前方から人影が。
スーツ姿の30歳前後の人物がこちらに向かってくるではないか。
明らかにわたくしはロックオンされている。
目があって確信した。
「あ、田中宏和さん?」
「はい」と、おずおずと申し出られたからには、
「どうぞ、どうぞ」と向かいの席を勧めるものの、
いざ面と向かって対峙してみると、
少々きまりが悪いことに気づいた。
両サイドに肘を突き出せば当たるほどの距離に他人がいる場所で、
もしここで、
「田中宏和です」「田中宏和です」と
お互い初対面ならではの名刺交換をしたら。
われわれ田中宏和こそ、
このルノアールでベスト怪しい人たちに急上昇ではないか!

昨晩の深夜、Facebookのメッセンジャーから連絡を受けた。
「あす所用で渋谷に行きます。
機会ありましたらご挨拶できる事を楽しみにしています(^^)」
これまでFacebook上での田中宏和運動関西地区忘年会の投稿でしか
見たことの無い田中宏和さんなのだから、
このお申し出に乗らずして、
「ほぼ幹事」たる田中宏和としては面目が立たぬ。

こうして晴れて105人目の田中宏和さんとお会いしたのでした。
喫茶店から場所を変え、
至近のイタリアンなカフェ&バールっぽいところで、
まずはビールで乾杯といきました。

手相の田中宏和さんと。
実はご新規の田中宏和さんとの面会は、
2013年の10月以来。

1年半ほど田中宏和初対面ブランクがありましたもので、
何となく気恥ずかしいものですね。

まるで男同士でお見合いしているかのように、
あれこれ聞いてしまいました。
兵庫県西宮市在住の32歳の田中宏和さんは独身で、
爽やかなナイスガイ。
「薬剤師の田中宏和さん」同様の医薬メーカーの営業職、
いわゆるMRの好男子ぶりに、
彼女募集中かどうかは未確認でしたが、
もし聞いていたら出会い系ホモカップルと
店員さんに怪しまれたかもしれません。
すでに関西地区の田中宏和の会では、
「手相の田中宏和さん」(仮)と名乗られているとのこと。
もちろん「手相の田中宏和さん」でいきましょう。

105 手相
なぜ手相なのかと言うと、
手相見の講習会を受けられたことがあって、
趣味で人の手相をご覧になっているそうです。
「せっかくだから僕の手相も観てくださいよ」となりますね。
今から思えば、
うつむき加減に恥じらいながら差し出す手を取られ、
しげしげと眺められている姿は男色2人組に他ならないですね。
しかも、ここは先日LGBTの条例が可決された渋谷区ですから、
ほぼ100%愛し合う男たち判定です。
これでは同姓同名ならぬ同性同盟ではないか!
という脱線はほどほどに手の線の話に戻りますと、
わたくし「ほぼ幹事の田中宏和」、
一般社団法人田中宏和の会の代表理事の田中宏和の手相は、
すこぶる良いそうです。
「神秘十字」に「昇り龍」に「ソロモンの環」があるそうで、
最強なんだそうです。
まるで薔薇十字団とヤクザとフリーメーソンが一緒くたになった、
秘密結社的なワードでありまして、
この三つを学ランの裏地にしたらどうなるんだろうと思うくらい、
よくイメージできないのですが、
良いのなら良いということで、
引き続き田中宏和運動を前進させようと思ったのでした。

しばらく田中宏和集会を企画できておらず、
田中宏和のみなさまにおかれましては申し訳ありません。
100人以上集まることを想定すると、
もはやホテルの宴会場くらいしか思いつきません。
そうなったら165人以上の田中宏和集会を実現して、
ギネス記録を見事樹立したいという欲が出て参ります。
田中宏和運動全国大会をスポンサードしていただける
企業、篤志家のみなさんの出現をつとに願うばかりであります。

でも、近いうちにプチっと田中宏和集会したいものです。

ほぼ幹事の田中宏和拝

カテゴリー: 田中宏和の日々   パーマリンク

コメントは受け付けていません。