10月から「渋谷のラジオ」で毎週火曜日12時〜レギュラー番組『渋谷の田中宏和さん』を担当することになりました。


早いもので昨年の田中宏和運動全国大会2017から1年が経とうとしています。今年の夏から豪雨だ台風だ地震だとのニュースを目にするたびに全国の田中宏和さんの様子が心配が続いております。この投稿に触れるみなさまのご無事を願いながら、一つ告知をさせてください。

この10月から東京は渋谷区のコミュニティFM「渋谷のラジオ」で、毎週火曜日のお昼の12時から12時55分までの生放送で、『渋谷の田中宏和』というレギュラー番組を持つことになりました。つまり、明日の10月2日の火曜日からです。
https://shiburadi.com

わたくし自身現在に至るまで区民歴20年以上の渋谷区民でして、今回たまたまが重なったので住民として思いきって引き受けてみることにしました。
渋谷のラジオでは、ほとんどの番組が『渋谷の◯◯』というタイトルで統一されています。そうなると自然と番組名は『渋谷の田中宏和』になります。
わたくしが15年前に初めて出会った他人の田中宏和さんの田中宏和ワールドでの呼び名がたまたま「渋谷の田中宏和さん」で、その歴史的初対面に立ち会った人がなんと渋谷のラジオの制作部長になっていて今回の出演しませんかと話をいただきました。


(2003年12月に「渋谷の田中宏和さん」と初対面。撮影は現在渋谷のラジオの制作部長の西本武司さん)

しかも「渋谷の田中宏和さん」が経営される会社はやはり渋谷区にあり、渋谷のラジオのスタジオから徒歩5分くらいでして、「できる限り生放送におつきあいしますよ」と言ってもらえました。さらに埼玉のFM局Nack5の番組『大野勢太郎の楽園ラジオ』に出演したきっかけで、番組パーソナリティの大野さんが企画運営されているラジオアプリ「勢太郎の海賊ラジオ」で『田中宏和の海賊ラジオ』という3ヶ月限定のパーソナリティを経験させてもらったので、ラジオの練習をした気分になっていまして、渋谷は生放送とは言え、なんとなくできるような気がしました。あとわたくしの勤務先が働き方改革のため今年からスーパーフレックス制度が導入されたので、平日の昼まであっても勤務時間外としておけば問題なく、会社の広報の了承も得ることができました。
このたまたまの重なり掛け合わせ具合に運命を感じてしまいました。福山雅治さんや指原莉乃さんなどメジャーな芸能の方々の担当番組があるせいか、スマホアプリのダウンロードはいつのまにか日本全国で20万を超えているそうで、しかし出演者は全員ノーギャラのルールではあるものの、一般社団法人田中宏和の会、これまで会った140名の田中宏和さんの発信場所があると良いのでは。さらには、昨年の田中宏和運動全国大会2017の終了後、ギネスワールドレコーズの記録基準に則って、漢字も同じにこだわらない「タナカヒロカズ運動」をはじめると宣言しておりました。ラジオ媒体だと「田中宏和」も「田中博一」も「田仲弘和」も「タナカヒロカズ」ですから、ちょうどいいとも思いました。

番組の決まりごととしては、必ずどこか誰かの田中宏和さんが出演する、と考えています。もちろん「ほぼ幹事の田中宏和」として、「一般社団法人田中宏和の会の代表理事」として、わたくし田中宏和は皆勤賞を目指そうとは思っているのですが、世の中の話題やニュースになっているところに近い田中宏和さんにはぜひとも普通の人としての意見や感想をお聞きしてみたいですし、また様々な専門性を持つ田中宏和さんには専門家ならではの解説を聞いてみたい、と考えています。

メインのバックアップレギュラーの「渋谷の田中宏和さん」の他に「作曲の田中宏和さん」に毎月第3火曜日に準レギュラー出演していただけることになりました。任天堂のゲーム音楽やポケモンの主題歌で有名な作曲さんは、昨年Chip Tanaka名義でオリジナル・フル・アルバム『Django』を発売されました。作曲の田中宏和さんにはご自身の作品をはじめお薦めの音楽を紹介していただくような、そんな第3火曜日にしていきたいと考えています。作曲の田中宏和さんのご出演は10月16日からとなります。

ということで、まずはとにもかくにもスマホアプリをダウンロードして、お聞きいただければありがたいです。
https://shiburadi.com/kikikata.php

あらためて番組のコンセプトをまとめてみると、
『渋谷の田中宏和』は渋谷区に住むわたくし田中宏和が、
同姓同名の全国140人の田中宏和さんたちでつくる、
「一般社団法人田中宏和の会」による番組です。
ニュースの現場近くに住んでいる田中宏和さんや、
話題の出来事を解説できるその道の専門家の田中宏和さんに電話インタビューをしたり、
毎週火曜日のお昼の12時にどこか誰かの田中宏和さんが登場します。

ま、火曜日のランチライムにまったりくつろげる楽しい番組になれば幸いです。1ヶ月で打ち切りになるか、永六輔さん並みのライフワークになる番組になるのか。どうぞ長い目でよろしくお願いいたします。

ほぼ幹事の田中宏和拝

カテゴリー: 田中宏和の日々   パーマリンク

コメントは受け付けていません。